IMGUについて

LINEで送る

組織体制

組織体制

IMGU統合の経緯

労働組合の統合については、2008年4月1日の三越伊勢丹ホールディングス(以下、HDS)発足と同時に、「三越伊勢丹グループ労働組合連絡協議会」を設置し、HDS傘下企業における組合組織をつなぐ連合会組織の形成の検討を進めてきました。しかし、2008年11月に発表されたHDS3ヶ年計画において、グループ企業の再編・統合が前倒しされたことを受け、最終形と想定していたひとつの労働組合(単一組織)の形成を早期に実現すべきとの認識に至り、2009年10月の本部定期大会において「単一組織基本構想」として審議・決定しました。

【「単一組織基本構想」の基本的考え方(2009年10月本部定期大会審議・決定)】

グループ内従業員の一体感醸成と、HDS経営を含むグループ内での交渉力のあるしっかりとした労使関係を構築することを通じて、経営統合を成功に結びつけ、将来にわたりわたしたちの雇用を確保し、労働条件を維持・向上させていくために、2010年6月をもって単一組織の形成を図っていきます。

↓

IMGU(2010年6月本部定期大会にて第1期運動方針を審議・決定)

三越労働組合、伊勢丹労働組合、全二幸労働組合、レオテックス労働組合の4労組がひとつになりIMGUが全22支部でスタートしました。