プライバシーポリシー

LINEで送る

三越伊勢丹グループ労働組合プライバシーポリシー

基本方針

三越伊勢丹グループ労働組合(以下、「IMGU」といいます。)は、三越伊勢丹グループにおける企業内労働組合として、IMGU基本理念に基づく活動を通じて、組合の果たすべき役割を提供することに努めてまいります。

IMGUは従業員の個人情報の重要性を深く認識し、「個人情報の保護に関する法律」を遵守する事はもとより、安全に保護し適正に取り扱うための規程等を設け、すべての組合役員がこれを守ります。

法令等の遵守

IMGUは従業員の個人情報の取扱について、法令その他の規範を遵守します。

個人情報の取得について

IMGUは従業員の個人情報の取得を、適正かつ公正な手段によって行います。  また、取得する個人情報はIMGUが行う組合活動に必要なものに限り、最小限の個人情報にとどめます。

個人情報の収集と利用について

IMGUは個人情報を、以下の目的で収集・利用します。

組合が提供するサービスの向上および従業員への情報伝達のため
労使協議に必要な情報として、組合独自の活動を円滑に行うための基礎的なデータとするため
災害時・社の緊急時、また従業員および家族の事故や心身上の健康問題などが発生した場合において、組合として円滑かつ適正な対応をはかるため
第三者への開示・提供

IMGUは以下のいずれかに該当する場合を除き、従業員の個人情報を第三者へ開示または提供しません。

従業員ご本人の同意がある場合
法令に基づき開示、提供を求められた場合
人の生命、身体または財産の保護のためおよび公序良俗の範囲において必要な場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合
国または地方公共団体等が公的な事務を実施する上で、協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障が出るおそれがある場合
統計的なデータなど本人を識別できない状態で開示・提供する場合
業務委託

IMGUは、業務の一部を外部に委託するにあたり、業務委託先に対して必要な範囲で個人情報を提供することがあります。この場合、これらの業務委託先との間で取扱いに関する契約を締結するとともに、適切な監督を行います。

個人情報の管理

従業員の個人情報は、適切な管理を行うとともに、漏洩、減失、改ざん等の防止のために最大限の注意を払います。従業員の個人情報の保護と適切な取扱いに関して、組合役員および専従スタッフに対し組織内教育を行います。
また、利用目的に応じて個人情報の保存期間を別途定め、当該期間経過後はこれを適切な方法で廃棄いたします。

個人情報の開示・訂正等について

IMGUは、従業員の情報を常に最新かつ正確な状態で管理するよう努めます。また、従業員からIMGUが登録している情報について開示の申し出があった場合は、これにお応えします。
万一、登録内容に誤りがあることが明らかになった場合には、速やかに訂正等をいたします。

2010年6月18日

三越伊勢丹グループ労働組合
本部執行委員長   飯沼 寿也