政策・政治活動】かわいたかのり議員が小売従事者へのコロナワクチン優先接種を要請しました!

LINEで送る

医療従事者へのワクチン先行接種が始まる中、UAゼンセンとかわいたかのり組織内議員は、2月17日、厚生労働省に対して、小売業を含め国民の生活や健康を支える“エッセンシャルワーカー”に対するワクチンの優先接種を求めました。要請においては優先接種を訴えるとともに、緊急事態宣言が継続されるなかで雇用調整助成金の特例措置の延長や感染リスクを回避する会食ルールの周知強化などを求めました。

現在、政府はワクチン接種の優先順位を医療従事者、高齢者、基礎疾患を有する者等としています。今回は具体的に下記の要請を行いました。

①在宅系サービスの介護従事者を高齢者施設の従事者と同じ接種順位とする
②顧客と接し感染リスクが高い労働者および医薬品や医療機器、ワクチンなどの製造や流通等にかかわる労働者に対し一般国民に先立って優先的な接種を行う
③有効性と安全性が担保されたワクチンの早期承認や国内での生産体制の確立と整備
これに対し、厚生労省予防接種課の担当者は「ワクチンの供給量などをふまえて努力していきたい」と答弁しました。

このほか、雇用調整助成金の特例措置について、中小企業だけでなく、外出自粛やGoToトラベル停止で影響を受ける流通、観光業の大企業も同じ助成率とすることや、感染収束まで特例措置を延長すること、収束後も十分な周知期間をとり段階的に縮小することを訴えました。

また、会食ルールの周知強化や防止対策を講じる飲食店の時短営業の制限解除や支援策の検討、感染や濃厚接触で就労できない従業員への国の所得補償や、企業の病気有給休暇等の普及促進などを求めました。

詳しい内容はコチラの資料をご覧ください↓↓
【添付資料】 コロナワクチン接種に関する要請内容

こちらのWebサイトもご参照下さい↓↓
かわいたかのり議員からのご報告

0
カテゴリー: 広報活動
年別アーカイブ